日時:6/13(水) 15:00-17:30 (14:30開場)
対象:ホスピタリティ関連企業の担当者、関心のある方など
場所:きゅりあん(品川区立総合区民会館)小ホール
所在地:東京都品川区東大井5-18-1
アクセス:JR京浜東北線/東急大井町線/りんかい線/大井町駅 徒歩約1分
参加費:3,000円(事前申込:2,500円)
定員:200名
※本企画は日本財団の助成を受けて行なっています。
※当日は、手話通訳、UDトークによるリアルタイム字幕がつきます。
【タイムテーブル】
14:30 開場
15:00-15:15 主催者挨拶(NPO法人インフォメーションギャップバスター )
15:15-16:15 特別講演 「バリアバリュー ~電話応対に必要なホスピタリティとは〜 」ミライロ社長 垣内俊哉氏
16:15-16:30 日本財団 電話リレーサービス 紹介 (電話リレーサービスモデルプロジェクト担当)
16:30-17:00 電話応対事例紹介 損害保険ジャパン日本興亜株式会社、他一社(交渉中)
17:00-17:30 質疑応答

日時 2018年6月13日(水)15時00分~17時30分(受付開始:14時30 分~)  未定
会場
140-0011 東京都 東京都品川区東大井5-18-1
【交通機関】
JR京浜東北線/東急大井町線/りんかい線/大井町駅 徒歩約1分
参加費
定員 200名申込受付中
対象 ホスピタリティ関連企業の担当者、関心のある方など
主催 NPO法人インフォメーションギャップバスター(IGB)
共催
協賛
内容 熱した平昌五輪が終わり、2年後にはいよいよ東京五輪。今度は日本が世界中から注目され、ますます多くの人々との交流が増えてきます。そこで見直されているのが【コミュニケーション】の大切さ。
本セミナーでは「ガイアの夜明け」(テレビ東京)の「『不自由』が価値を生む! “車イス社長”の挑戦」で反響を呼んだミライロ垣内社長をお招きし、障害を価値と捉えるバリアバリューの視点から、コミュニケーションにおけるホスピタリティについて話していただきます。 また、電話応対における好事例として、電話でのスムーズなコミュニケーションを支援する【電話リレーサービス】などについても話していただきます。
備考

お問合わせ

インフォメーションギャップバスター 事務局
staff@infogapbuster.org